すべての歯科治療の基本となるのが、歯周病治療と予防と考えています

歯周病治療

歯周病は、長年の生活習慣が元になり、歯を支えている組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)が歯周病菌によって破壊されていく感染症です。治療をせずに放置しておくと歯がグラグラになり咬めなくなり、最終的には歯を失うことにつながる怖い病気です。

自覚していない方にも歯周病検査を実施
成人の5人に4人はかかっているといわれますが、むし歯と異なり痛みなどの自覚症状が少なく、自分で気づかれていない方が多いことも特徴です。そこで当院では、歯周病治療はすべての治療の基本となる治療ととらえ、歯周病を自覚されていない患者さんにも歯周病検査を行い、そのうえで、むし歯の治療や咬みあわせ治療、インプラントや入れ歯治療を行います。

【当院の特徴】歯周ポケットの検査と、ブラッシング指導を重視しています

歯周病治療当院では診査に力を入れ、レントゲン写真、口腔内写真、歯周組織検査を時間をかけて行います。歯周病の進行具合は、歯と歯ぐきの間の隙間(歯周ポケット)の深さを測定することで判別できます。この歯周ポケットの深さが4mm以上あると歯周病の疑いがあります。

次に、正しい歯磨き方法を習得していただけるまで、歯周病ケアの経験豊富な歯科衛生士が連携して、症状に応じた適切な治療と徹底した予防を行います。きちんと歯磨きができているかをチェックする「プラークスコア」という検査で、お口の中の汚れを把握しながら効果的なブラッシング指導を行います。正しいブラッシングでプラークを取り除いていれば、歯周病への感染や悪化を防ぐことができることから、当院ではブラッシング指導を重視しています。

歯周病は、糖尿病など全身疾患とかかわりがあります

全身疾患最近、お口の中で増殖し血管を通して体内に回ってしまう歯周病菌と、さまざまな全身疾患との関連性が指摘されるようになりました。関連性が指摘されている主な全身疾患には、「糖尿病」「動脈硬化」「心筋梗塞」「誤嚥性肺炎」「感染性心内膜炎」「早産」「関節リウマチ」などがあります。体の健康のためにも、歯周病の治療と予防を行うことが必要です。

全身の健康維持にも役立つ歯周病ケア
当院では心筋梗塞の患者さんの口腔内や、動脈硬化の塊から歯周病菌が発見されていることから、お口の中の菌を取り除き清潔に保つことは全身の病気の予防にもなると考え、医科との医療連携にも取り組んでいます。歯周病を治療し予防することで、病気の予防や健康維持に役立てたいと願って、歯周病ケアの啓発にも携わっています。

当院の歯周病治療メニュー

歯周病検査
歯と歯ぐきの間の歯周ポケットの深さを測ります。その結果により、症状に合わせた治療をご提案します。

スケーリングスケーリング
歯の表面に付着した歯垢や歯石を除去します。表面がざらざらしている歯石を取り除くことで、プラークが付着しにくい状態に歯周病を改善していきます。歯石は一度除去してもしばらくすると再形成されますので、定期的なスケーリングの受診をおすすめします。歯石の付き方により通院間隔をご案内します。

スケーリングルートプレーニング(SRP)
歯周病の原因である歯に付着したプラークや歯石、その他の沈着物などを除去し、歯の表面をきれいにする処置です。ルートプレーニングとは、スケーリング終了後に歯根表面の歯垢によって汚染・軟化したセメント質や象牙質を除去し、歯根面を硬くなめらかな面に仕上げることをいいます。歯の表面にこびりついている歯石は、手用スケーラー(キュレット)や超音波スケーラー、エアスケーラーといった専用器具で取り除きます。

歯周ポケット搔爬(そうは)術
歯肉に麻酔をして、歯周ポケットの中の歯垢や歯石を除去する手術です。歯周ポケットの深さが3〜5mm程度の、比較的軽度の場合に行う治療法です。

フラップ術(歯肉剥離掻爬術)
歯肉を切開して歯槽骨から剥離することで、露出した歯根の歯垢や歯石の除去、歯槽骨の清掃、ダメージを開けた歯肉などの組織を除去し、歯肉をもとの健康な状態に戻します。これは症状が重症な場合に適した治療法です。

歯周病の進行度

健康な場合、歯周ポケットは1~3mmぐらいの幅の隙間です。歯磨きなどのお手入れが行き届かないと、このポケットにプラークがたまり、たまったプラークが歯石を作り、徐々に隙間を押し広げて行きます。これを積み重ねることで歯肉が炎症を起こします。

歯肉炎(軽度歯周病)歯周病の進行度
歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ上がり、歯を磨いたり、物を食べたりすると出血する状態。この段階で、ていねいな歯磨きや歯科医院で適切な処置を受けることで、元の健康な状態に戻すことも可能です。

歯周炎(中等度歯周病)歯周病の進行度
歯周ポケットが広くなり、そこから出血した膿が出たり、口臭を感じたりすることもあります。歯周ポケットでの炎症が慢性化し、歯根膜・歯槽骨が先端部より溶けてきます。この頃には強い口臭を感じ、歯が浮いた感じがします。強く咬むと痛みを伴い、歯がぐらついてきます。この段階まで進むと、歯周炎で破壊された歯槽骨や歯肉を元通りにすることはできませんが、進行を止めたり進行の速度を緩やかにしたりすることはできます。

歯が抜ける(重度歯周病)歯周病の進行度
歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまいます。歯根が露出し歯のぐらつきがひどくなり、最後には抜けてしまいます。

ご存じですか?若い人にも増えている歯肉炎

歯肉炎軽度の歯周病である歯肉炎は、中高生や若者にも増えているといわれています。お子さんの歯だけではなく歯ぐきの状態にも注意してください。また歯周病菌は、むし歯菌と同じように幼児の頃に親御さんからお子さんに感染します。お子さんのためにもお母さん・お父さんは、定期的なメインテナンスで歯周病を予防してください。

<心当たりはありませんか?歯周病チェック>
・歯を磨くときや、リンゴをかじった時に血が出る
・朝起きたとき、口に粘りがあったり妙な味がしたりする
・歯ぐきが膨れた感じになる
・歯ぐきを指で押すと血膿が出る
・歯が浮いた感じになり、硬いものが咬めなくなる
・歯ぐきから膿が流れ出る
・まわりから、口臭がひどいと言われる
※あてはまることがあったら、お早めに受診してください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております