ご存じですか?その歯の痛みは、顎関節症かもしれません

顎関節症

口を開閉する時に違和感があったり、カクカク、パキンというような音がしたりするのが顎関節症です。あごがじわじわ痛んだり、あごを動かすと音が鳴る、口が大きく開かない、咬みあわせが悪くなる、口が閉じられない、耳鳴りや耳の閉塞感がある、頭部や顔面部の神経痛などが起こる等があります。

歯が痛いと来院された方が、むし歯ではなく顎関節症だったということも珍しくありません。顎関節症は一つの原因だけではなく、さまざまな原因がからみ合って発症することが多い病気で、原因としてはストレスやあごに負担をかける食いしばり、歯ぎしりのクセ、咬みあわせの不具合などが考えられます。

【当院の特徴】行動療法や生活習慣の見直しなどの治療を行います

顎関節症治療顎関節症の治療としては、顎関節に負担をかけるくいしばりや咬みしめのくせを治す行動療法を中心に、顎関節症周辺の筋肉の柔軟性の向上や可動域の改善、血液循環を促進するためのマッサージなどを行い、痛みに対する治療も行います。また顎の動きを正常にするための運動療法や、姿勢などを改善する指導を行うこともあります。

院長は、顎関節症の第一人者であるドクターの指導を受けた経験があり、顎関節症の診療経験も豊富ですので、患者さんの生活スタイルや生活環境なども把握し、トータルな視点からの治療をご提案します。

顎関節症の原因ともなるブラキシズムをご存じですか?

顎関節症治療最近、歯をすりあわせたり咬みしめたりする「ブラキシズム」が、歯周病や知覚過敏、顎関節症などの原因の一つとなっていることが明らかになってきました。ブラキシズムには、睡眠時の歯ぎしり、起きている時の咬みしめ・くいしばり、そして意識していない時のTCH(Tooth Contacting Habit:歯列接触癖)が含まれます。

本来、上下の歯は何もしていない時は接触していないものですが、たとえ弱い力でも長時間上下の歯が接触していると、筋肉の緊張や疲労、顎関節への負担が増えます。その結果、顎関節症、咀嚼筋・口腔周囲筋の疲弊や痛み、歯周病の悪化、歯の破折、被せ物の脱離(取れたり、壊れたりすること)が起こるのです。

生活習慣から見直し、咬みあわせを改善します

顎関節症治療当院ではブラキシズムがある場合には、自律的に咬まなくなる指導、歯ぎしりやくいしばりから歯を守るナイトガード(マウスピース)による治療、顎関節位置の整復などを行います。

生涯にわたって顎や口元の健康を維持していただくために、生活習慣も見直しブラキシズムを改善します。ていねいにケアをしていてもむし歯や歯周病になりやすい方、むし歯を繰り返す方などは、ブラキシズムをチェックすることをおすすめします。

<顎関節症の原因と考えられるリスク>
・歯並びや歯の欠損によるもの
・くいしばりや歯ぎしりのクセ
・咬みあわせの不具合
・骨格的な要素
・精神的なストレス
・筋肉痛を含む筋肉のバランスの不具合

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております