日本一、人を幸せにする歯科クリニックを目指して

院長あいさつ

こんにちは。くどう歯科クリニック院長の工藤智也です。

私は尊敬する祖父に言われた「人の役に立つ仕事をしなさい」という言葉を大切に歯科医師となり、総合病院の口腔外科で学び、さらに多様な分野の歯科治療の研鑽を積んで、この立川で開業しました。診療にあたっては患者さんを家族と考え、自分が受けたい治療、家族も安心して受けられる治療を心掛けてきました。

治療を行った患者さんが「ありがとう」と素敵な笑顔を見せてくださることが私の喜びです。私は仕事が大好きです。素晴らしい仕事に携わっていることに感謝しつつ、さらに多くの方のお役に立っていきたいと願っています。

そして、この「くどう歯科クリニック」を、いつの日か「日本一、患者さんを幸せにするクリニック」にしたいというのが、私の大きな夢です。縁あって開業させていただいたこの立川の街に根ざし、歯科治療を通して地域に貢献し「人を幸せにする歯科治療」をご提供していきたいと思います。よろしくお願い致します。

全身を視野に入れながら、基本に忠実な歯科治療を

院長あいさつ私は高校の時に口元のケガをして歯科治療を受けました。治療内容の説明も受けず、理解もしないまま治療を受け、後年他の治療の選択肢を知り、大変悔しい思いをしました。患者さんには私と同じような思いをさせたくないというのが歯科医師を志したきっかけでもあり、私の理念ともなっています。

歯科医師となってからは、歯科医療の全体を理解できるようになりたいと口腔外科に進み、総合病院に勤務しました。口腔外科では外科治療だけでなく、死亡診断や緩和ケア、医科との連携など、多様な経験を積むことができました。歯科は全身とつながる医療であり、歯科治療も命にかかわる治療であることを学んできました。この経験から常に全身を考え、しかも基本に忠実に、確かな治療を行うという診療スタイルを身につけました。

審美性を重視する総合歯科を開業した理由

院長あいさつ口腔外科では顎変形症の治療にもたずさわりました。悩んでいる方が治療後、見違えるような笑顔になられること、性格やその後の人生がガラッと前向きに変わることを目の当たりにし、見た目の美しさ、口元の悩みを解消する治療の可能性や素晴らしさを感じるようになりました。そこで、口腔外科と審美歯科という、一見両極端のような分野での研鑽を積んできました。どちらも、患者さんに大きな喜びを与えることのできる治療という点で、私の中では深くつながっているのです。

一方、口腔がんの患者さんの担当になり、役に立てないことに無力さを感じ、どんな患者さんにも何かお役に立てるようにさまざまな診療ができるようになりたいと思い、多様な分野の研鑽を積みました。また病棟では寝たきりの患者さんにも多く接し、口腔ケアの重要性や入れ歯治療の必要性を学びました。

こうした多くの患者さんとの出会いから口腔外科の専門性を生かし、歯周病治療や予防歯科によるお口の健康維持を基本とし、さらに審美性を重視する総合歯科という、このクリニックのコンセプトが生まれました。私の思いを生かし、多くのスタッフや歯科医療人の協力を得ながら、多くの皆さんに喜びや幸せをお届けできる歯科医院でありたいと願っています。

院長経歴

院長あいさつ【経歴】
2006年3月 日本歯科大学歯学部 卒業
東京都立府中病院(現 多摩総合医療センター)にて臨床研修修了後、同病院の口腔外科で勤務
神奈川県、東京都(立川市、府中市)内の歯科医院で勤務を経て
2013年9月 くどう歯科クリニック 開業
2016年6月 臨床研修指導歯科医となる
2017年6月 一般社団法人 東京都立川市歯科医師会 理事就任

【所属学会】
日本口腔外科学会
日本口腔インプラント学会
日本歯周病学会
日本審美歯科学会

【所属歯科医師会】
日本歯科医師会
東京都歯科医師会
立川市歯科医師会

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております