予防歯科

治療の基本はむし歯予防と歯周病ケア

むし歯や歯周病を根本的に防ぐ、効果的な予防とメインテナンスを行います

従来の歯科の定期検診は、むし歯や歯周病の早期発見・早期治療を目的としていました。しかし今は、むし歯や歯周病にならないことを目的としたメインテナンスが中心となっています。治療を受けた方にも、治療後の理想的なお口の中の状態を維持し、これ以上悪くしないようにキープする予防歯科治療をご提案します。

担当歯科衛生士がきめ細かいケアとアドバイスを行います

当院では、患者さん一人ひとりに担当の歯科衛生士が付き、歯の状態やライフスタイルなどを理解したうえで、適切なケアとアドバイスを行います。そして、検査結果やプラークコントロールの状況から、むし歯や歯周病のリスクを判断します。通常3ヶ月間隔、矯正治療中の方は1ヶ月間隔など、患者さんそれぞれに最適なメインテナンスの時期をご案内します。

患者さんにもお口の中を知っていただき、予防意識を高めます

レントゲン写真や口腔内写真により、お口の状態を患者さんにも確認していただいております。むし歯や歯周病リスクを自覚していただくことで、その後のお手入れのモチベーションアップにつなげます。また、患者さんの今までの習慣を尊重しながら、ご家庭でも無理なくより効果的なお手入れができるように、ブラッシング指導や生活指導を行います。

当院の予防歯科メニュー

審美的PMTC・エアフロー

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は、通常のブラッシングでは落とせない汚れを落とす専用機械を用いたクリーニングです。毎日ていねいに歯磨きをしていても、どうしても磨きにくいところがあり、磨き残しが生じてしまいます。こうした箇所には細菌がたまりやすく、集まった細菌はやがて歯の表面に「バイオフィルム」という膜を張って固着し、むし歯などの原因になります。

PMTCでは、専用機械や特殊なペーストを用いて、歯の表面についたバイオフィルムやステイン(歯の着色・汚れ)を除去します。当院では、治療を行ってキレイになった歯をさらに美しくするための歯のお掃除として、「審美的PMTC・エアフロー」と名付けてご提案しています。

ステイン(着色汚れやヤニ)を除去するエアフロー

紅茶やコーヒーなどによる色素沈着や、タバコなどによる歯の表面の汚れ「ステイン」は日常のブラッシングでは落とせません。そこでお勧めしたいのが「エアフロー」です。エアフローは、歯に超微細なパウダーをウォータースプレーとともに射出することで、歯の表面を傷つけることなくステインを短時間で落とします。エアフローとPMTCの併用で清掃した歯には、プラークやステインが付きにくくなります。

メリット
  • 着色を取り除き、歯の表面を美しくする(本来の歯の色になる)
  • 磨くだけですぐにきれいになる(本来の歯の色になる)
  • バイオフィルム(むし歯の原因菌の膜)を取り除き、むし歯予防の効果がある
  • 歯の汚れを取ることで、歯肉炎などの鎮静効果がある
  • フッ素入りの研磨剤で磨くことで、歯の表面を強化できる
  • 口臭予防の効果もある

歯垢や歯石などを取り除く「スケーリング」

歯肉や歯周ポケットに付着しているプラーク(歯垢)や歯石などを取り除く治療です。毎日の歯磨きでは除去できない歯石を定期的に取り除くことで、歯周病などを予防します。

ブラッシング・デンタルフロス指導

ブラッシング指導では、正しい歯ブラシの持ち方や歯や歯ぐきへの当て方、動かし方を指導し、むし歯や歯周病の成り立ちなどをご説明します。正しい磨き方を習得し、今までの磨き癖を改善して、汚れを効率的に落とすコツをマスターしていただきます。

フッ素塗布

歯の石灰化を促したり、細菌の活動を抑制させたりする効果があると言われる「フッ素」を歯に直接塗布し、むし歯を予防する治療法です。定期的にフッ素塗布をすることをお勧めします。特にお子さんの場合、生え替わりの歯は完全な状態では生えてきませんので、フッ素塗布による歯面の補強がむし歯予防に有効です。

当院は「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」の認定を受けているため、エナメル質初期う蝕(白濁など)を認める場合は、保険治療でフッ素塗布を行うことができます。

カリエスフリーを目指す、お子さんの歯科予防

カリエスフリー(むし歯がないこと)を目指し、乳歯が生え替わって大人の歯になるまで、責任をもってコントロールさせていただきたいと考えています。矯正治療を受けるお子さんにも、むし歯や歯肉炎の予防を重視し、定期的なクリーニングとご家庭でのケアの指導を徹底しています。

歯の健康セルフチェック ~こんな不安があったら歯科医院へ~

最近、舌や歯肉などに変わったことはありませんか?
口腔がん検診を受けていますか?
顎に不具合はありませんか。しっかり咬めますか?
食事中に顎に音や痛みはありませんか?
歯がしみたり痛んだりしませんか。歯に穴があいていませんか?
歯ぐきが腫れたり、膿がでたり、歯がぐらぐらしませんか?
お口の臭いが気になりませんか?
口の中が乾いたり、食べ物の味が変わったりしていませんか?
歯や歯ぐきの形や色が気になりませんか?
その他、お口の中で気になっていることはありませんか?

治療の基本はむし歯予防と歯周病ケア

すべての治療に先駆けて、歯周病ケアを行います

40歳以上の成人では5人に4人が歯周病と言われ、国民的な生活習慣病となっています。歯の健康を守るためには、土台となる歯ぐきが健康であることが重要です。むし歯治療やインプラント治療、入れ歯治療、審美歯科も、歯ぐきが健康であってこそ、その機能や効果・美しさが長持ちするのです。

歯周病ケアで歯ぐきを大切にするので、効果や美しさが長持ちします

当院では、むし歯治療の場合も1本の歯だけ部分的に治すのではなく、必要な歯周病ケアを行い、歯ぐきが健康になってから補綴物などの治療を行います。行き届いた歯周病ケアを行うことにより治療の効果を高め、将来にわたってもできるだけ歯を守り残していきたいと考えています。

歯周病ケアを大切にする理由とは?

院長は、総合病院の勤務医時代、重篤な患者さんや寝たきりの患者さんを担当していました。そこで、歯周病により歯を失った方や、入れ歯やインプラントがうまく機能しなくなった症例を多数経験することで、歯周病ケアの重要性を痛感してきました。

歯周病の原因は細菌感染です。また、歯周病菌はさまざまな全身疾患との関連が指摘されています。糖尿病、心筋梗塞、誤燕性肺炎、感染性心内膜炎、早産、関節リウマチなどが挙げられており、そのような理由からも歯周病ケアはとても重要だと考えています。

その思いから、将来にわたって歯を守り生活の質を維持するために、すべての歯科治療に先立ち、お口の中全体を考えた総合的な歯周病ケアを行っています。

治療後も、むし歯予防と歯周病ケアでお口を守ります

歯を守り残すためには、治療をするよりむし歯や歯周病にならないように予防することの方がより有効です。正しいお手入れと定期検診を続けることで、むし歯の再発を減らし、高齢になってからも自分の歯でしっかりと物を食べることができるということもわかっています。

効果的な予防のために「担当歯科衛生士制」を実施

当院では、治療の終わった患者さんのお口の健康を守るため、予防を重視しています。患者さん一人ひとりに担当の歯科衛生士が付き、適切なケアと患者さんの歯の状態や習慣・ライフスタイルなどを考慮したアドバイスを行います。

患者さんご自身にも、むし歯予防と歯周病ケアの大切さを自覚していただき、治療直後の理想的なお口の中の状態を維持し、一生にわたって長く美しく健康な歯を守り、快適な毎日を過ごしていただきたいと願っています。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯周病、歯の色や形、歯並びのお悩みも、お気軽にご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 042-519-3787bottom_tel.png
  • 24時間受け付けております WEB予約はこちら