担当の歯科衛生士が責任をもってケアを行います

担当歯科衛生士制

「歯医者さんは暗いところ、怖いところ、不安でいやなところ」
というイメージがあります。そこに明るい安心感を与えるのが歯科衛生士の存在です。また、さまざまな調査研究から歯と口腔の健康と全身の健康の関係や、予防やメインテナンスの重要性が明らかになり、歯科衛生士の果たす役割が重要であることも認識されてきました。

当院では、予防や患者さんへのホスピタリティを重視する観点から担当衛生士制を導入。患者さん一人ひとりに担当衛生士がつき、治療の最初から最後まで責任を持ってサポートします。患者さんとじっくりと向き合い、クリーニングやメインテナンスを行いながらお悩みをお聞きし、歯のクリーニングやお手入れの指導・ご相談に対応します。おしゃべりを楽しむ気持ちでどうぞ気軽にご来院ください。

より専門性の高いケアをご提供します
一般的な歯科衛生士のケアに加えて、当院では専門性の高い知識やスキルを会得した認定歯科衛生士や、ホワイトニングコーディネーターも在籍しています。専門職としての責任とプライドをもち、より良い治療やケアを目指し、意欲的に取り組んでいます。

どんな方でも無理なく正しいブラッシングができるようにアドバイス

担当歯科衛生士制予防歯科を重視する当院では、歯の染め出しとブラッシング指導に力を入れ、原則として磨き残しのスコア(プラークスコア)が20%以下になるまでむし歯治療は行いません。正しいブラッシングができていないのにむし歯の治療をしても、近い将来、きっとまた再発するからです。

長年の習慣であるブラッシングを替えるのは容易ではありませんが、当院では患者さんの性格や生活スタイルも把握した担当歯科衛生士が、ていねいに指導することによって、多くの方が正しいブラッシング方法を身に付け、効果的な予防ケアを実践されています。担当歯科衛生士制ならではのブラッシング指導に自信を持って取り組んでいます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております