審美歯科

審美歯科は、人を幸せにする治療です

審美歯科は歯の白さや、歯並びなどの美しさに焦点をあてた総合的な歯科治療です。一般歯科とは治療目的が少し異なりますが、清潔で美しい歯にすることは歯への意識を高め、見た目だけではなくお口全体の健康にもよい影響をもたらします。さらに、口元の悩みが解消されることによって性格も明るく変わり、見違えるほどいきいきと魅力的になられる患者さんがたくさんいらっしゃいます。
当院では「人を幸せにする審美歯科」をモットーに、白く美しい歯、自然な口元を実現する治療を行っています。
歯科治療技術の進歩により、さまざまな材質の被せ物や詰め物が開発されています。当院では天然歯に近づけた、より自然な被せ物や詰め物をご用意しています。そして、単に歯の色や形だけでなく、咬みあわせやお口全体の調和、笑ったときの見え方やお顔全体とのバランスなども配慮した審美治療を行います。

当院の特徴

人前で自信をもてるから。

歯や口元への意識が高まるにつれ、男女を問わずビジネスやプライベートの場面で自信を持って話すことや、口元を気にすることなくコミュニケーションを楽しみたいという方が増えています。当院でも、男女年齢問わず多くの方が審美歯科を求められています。
また、手軽に気になる部分だけを治したいという若い方もいらっしゃいます。当院では、カウンセリングでお悩みをお聞きしながら、多様な治療方法でご要望にお応えしています。

金属アレルギーの方もご相談ください

むし歯を治療して削った部分には、金属の詰め物や被せ物を入れるのが一般的でした。しかし、金属による治療は見た目が気になるだけでなく、皮膚の異常や体の不調などの金属アレルギーを引き起こすこともわかってきました。金属アレルギーが気になる方には、セラミックなどの素材を用いるメタルフリーの治療をお勧めします。

さまざまなご要望に応える材料や技術をご用意しています

さまざまなご要望に応える材料や技術をご用意しています。

ラミネートベニア

色が気になる場合など歯の表面をごく薄く削り、薄くセラミックを貼り付けて白く美しい見た目を整える方法です。前歯の隙間が気になる場合にも効果的です。

このような方におすすめします
前歯に隙間がある方
歯の形を整えてみたい方
歯の変色が気になる方
メリット
  • 変色しない
  • 削る量が少ない
  • 汚れがつきにくい
  • 審美性が非常に高い
デメリット
  • ダイレクトボンディングに比べ削る量が多い
  • 費用が高い

オールセラミック

金属を使用せずセラミックのみで製作される最先端の修復物です。光の透過性に優れ、限りなく天然歯に近い暖かみのある健康的な色調を再現できます。

メリット
  • 明るく透明感のある自然な色調である
  • 変色しない
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • スペースにより適さない場合がある

メタルセラミック

補強のための金属と透明感に優れたセラミックで製作される修復物です。裏側の見えにくい部分を金属で補強するため、強度的にも安心でき、変色の心配もありません。

メリット
  • セラミックの透明感がある
  • 強度が高く、幅広い症例に対応する
  • 長年の臨床実績がある
デメリット
  • 裏側が金属のため、オールセラミックに比べて審美性がわずかに劣る
  • 歯ぐきのラインが黒ずんでしまうことがある

ハイブリッドセラミック(前装冠)

セラミックと樹脂を掛け合わせた材質で製作される修復物です。セラミックの透明感と樹脂の粘り強さを併せもっていますので、審美的にも強度的にも優れています。

メリット
  • セラミックの透明感がある
  • 樹脂の粘り強さがある
  • セラミックより安価である
  • 保険診療より審美性がよい
デメリット
  • 金属やセラミックと比べると、やや耐久性が劣る
  • セラミックより審美性がやや劣る
  • 変色する可能性がある

高品質フルジルコニアクラウン

人工ダイヤモンドと呼ばれるジルコニアは、セラミックのなかで最も耐久性に優れています。非常に丈夫ですが、透明感がないので前歯より奥歯に適しています。3層のグラデーションがあるため、より天然歯に近い色が出せます。

メリット
  • 3層のグラデーションがあるため、より天然歯に近い色が出せる
  • 白くて強度が非常に優れている
  • セラミックより安価である
  • 金属アレルギーの心配がない

フルジルコニアクラウン

人工ダイヤモンドと呼ばれるジルコニアは、セラミックのなかで最も耐久性に優れています。非常に丈夫ですが、透明感がないので前歯より奥歯に適しています。

メリット
  • 白くて強度が非常に優れている
  • セラミックより安価
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • セラミックより審美性が劣る(透明感がないので奥歯のみ適応)

ファイバーコア

特殊なファイバー繊維を使用する白い土台です。歯ぐきが青黒く変色する心配がなく、金属アレルギーもありません。

メリット
  • 適度な弾性があり、歯根の破折を防ぐ
  • 歯ぐきの黒ずみが起こらない
  • 繊維が用いられており、強度に優れる
  • 粘りのある材質で折れにくい

詰め物

セラミックインレー・アンレー

セラミックで製作される奥歯の詰め物です。セラミック特有の透明感があり、装着後は詰め物とわからないくらい自然になじみます。

メリット
  • 歯と同じくらいの強度で、耐久性がある
  • 明るく透明感のある自然な色調である
  • 変色しない
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • スペースにより適さない場合がある

その他の被せ物・詰め物

ゴールドクラウン・インレー・アンレー

ゴールドで製作される被せ物、または詰め物です。ゴールド特有の適度な硬さで、咬みあう対合の歯に優しく、装着する土台との適合性に大変優れています。咬む力の強い奥歯の使用に最適です。

メリット
  • 生体への親和性が高い
  • 強度が優れている
  • 高い精度で加工できる
  • 柔らかくなじみやすいので、隙間からの二次むし歯になりにくい
デメリット
  • 審美性が劣る

手軽に気になる部分を治すダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、多種類のプラスチックを直接お口の中で盛りつけていき、天然歯のような自然な色や形を再現する治療法です。前歯の隙間を埋めたり、金属の詰め物を白くしたり、欠けた歯の修復を天然歯のような自然な歯で再現することができます。

このような方におすすめします
  • なるべく歯を削らずにきれいにしたい方
  • 前歯に隙間がある方
  • 前歯が少し欠けてしまった方
  • 歯の形を整えてみたい方
  • 以前に詰めた金属やプラスチックの変色が気になる方
ダイレクトボンディングのメリット
  • 自然な歯を再現できる
  • 短期間で治療できる
  • 歯を削る量が少ない
  • 低価格の治療費用である
  • 部分的な修復が可能
  • 金属を使わない

ダイレクトボンディングの治療の流れ

1カウンセリング

お悩みを解決する治療方法について、それぞれの治療のメリット・デメリットなどをご説明し、納得いただける治療を選択していただきます。

2歯型をとる(必要な場合のみ)

歯の隙間を埋めたり歯の形を直したりする場合、歯型をとってダイレクトボンディングの施術で使用する型枠を作ります。これにより施術時に正確な形と色を再現することができます。

3ダイレクトボンディング施術

自然な歯と色を再現できるように、プラスチックを直接歯に詰めていきます。その後、特殊な光を当てて整形したプラスチックを固めていきます。

4仕上げ・メインテナンス

ダイレクトボンディングはプラスチック素材のため、変色や汚れが付着する場合があります。治療後、変色や汚れが見られる場合には、研磨してきれいな状態に戻します。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯周病、歯の色や形、歯並びのお悩みも、お気軽にご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 042-519-3787bottom_tel.png
  • 24時間受け付けております WEB予約はこちら