きれいな口元で幸せになってほしいから、歯並びの悩みを解決します

矯正歯科

歯並びに悩んでいる方が増えているようです。歯や口もとへの意識が高まる一方、現代人はあごの骨が小さくなってきているので、歯がうまく並ばない人が増えてきているのです。また、1本1本の歯がきれいに並んでいても、あごの大きさに不相応な本数であると歯並びが外側に広がり口元が膨らんで見えたり、歯が外側に広がって咬みあわせが悪くなるケースも多くなっています。

そこで必要となるのが矯正治療です。歯並びを整えることにより見た目の悩みを改善すると共に、歯本来の機能を充分に発揮できるようにする治療です。

<歯並びを悪いまま放置することによるデメリット>
・歯磨きがしにくいためむし歯や歯周病になりやすく、口臭の原因になる
・咬みあわせが悪いために食べ物を咬みにくく、話すときに言葉が漏れる
・子どもの場合、あごや骨の成長が遅れ発育不良を招く恐れがある
・コンプレックスにより、人前で笑ったり話すことがおっくうになり消極的な性格になる

【当院の特徴】矯正により、歯の健康寿命を延ばすことをめざします

矯正治療矯正治療の目的は、歯並びをきれいにすることだけではありません。当院ではしっかりと咬める咬みあわせや、お口の中を清潔に管理しやすい環境にすることで、歯やお口の健康を守り、歯の寿命を延ばすためにも矯正治療は効果的だと考えています。

また、矯正治療中のメインテナンスにも力を入れ、むし歯になってしまった際も速やかに対応しますので、安心して治療を受けていただけます。

矯正の専門家による治療を行っています
より専門的な矯正治療を提供するために、東京医科歯科大学/高橋由記先生が、矯正担当医として毎月1回、第4日曜日に診察しています。初回は相談のみになりますので、歯並びにお悩みのある方、矯正治療に関心のある方など、まずはお電話にてお気軽にご相談ください。部分矯正にも対応しています。

【当院の矯正治療】成人矯正について

成人矯正歯やあごの成長発育が終了し、永久歯になった方への矯正治療です。歯列をきれいに並べ、咬みあわせを整えます。中高年の方でも健康な歯や歯ぐきであれば治療は可能です。加齢により悪くなった歯並びの矯正も行います。

当院では、目立ちにくい透明な装置や痛みの少ないワイヤーブラケットなど、幅広い種類の装置をご用意しています。「目立たない矯正装置にしたい」「取り外しのできる矯正装置にしたい」「部分矯正で気になるところだけ治したい」などのご要望にもお応えしますので、お気軽にご相談ください。

【当院の矯正治療】子どもの矯正について

子どもの矯正近年、子どもたちの顎の骨は小さくなってきていますが、歯の大きさは変わらないため、歯が並びきらずに歯並びが悪くなる傾向にあります。そこで、子どもの顎が成長する時期に床拡大装置などを使い矯正治療を始めると、成長を生かして上下の顎のバランスを整え、健やかな成長を促すことが期待できます。

その結果、顎の成長が終わり、永久歯の歯並びが完成した時期の矯正が不要になったり、矯正する場合も抜歯が不要となったりすることも期待できます。お口の状態に合わせた治療計画を立てますので、治療方法、装置の種類、治療期間や費用などはお気軽にご相談ください。

子どもの矯正を始める時期とは?

子どもの矯正歯並びや咬みあわせの状態は人によって異なるため、治療を始める時期も違ってきます。歯並びや骨格、あるいは成長のスピードによって、早期治療が適している子どももいれば、成長を待ってから始めた方がいい場合もあります。

お子さんの矯正治療の適齢期を見極めましょう
治療のタイミングを逃してしまうと骨格などにズレが生じることがあり、また、成長してからでは矯正治療が難しくなり、治療期間も長引くこともあります。適切な時期を見極めるためにも、永久歯の前歯と奥歯が生えてくる6~7歳頃に、一度専門医の診断を受けると安心でしょう。

矯正治療の対象となる不正咬合の種類

八重歯・ガタガタの歯(叢生)不正咬合の種類
犬歯などが飛び出して他の歯と重なっている状態です。永久歯の抜歯を伴う治療が多くなります。

出っ歯(上顎前突)不正咬合の種類
上の前歯が大きく前突している状態。「単に前歯が出ている」「上顎が大きい」「下顎が小さい」という3タイプの症状があります。

受け口(下顎前突・反対咬合)不正咬合の種類
下顎が出ている状態。上下の顎の成長のバランスが崩れ、しゃくれた顔立ちになる可能性が高まります。前歯の生え替わりの時期に自然に治る場合もあります。

しっかり噛んでも隙間ができる(開咬)不正咬合の種類
奥歯は咬んでいるのに、上下の前歯が開いたまま咬みあわすことができない状態です。重度の場合は外科手術を伴います。

すきっ歯(空隙歯列歯)不正咬合の種類
歯と歯の間に隙間がある状態。顎に対して歯が小さすぎたり、歯が欠損していたりすることが原因です。舌で前歯を押す癖で生じるケースもあります。

咬みあわせが深すぎる(過蓋咬合/ディープバイト)不正咬合の種類
上下の歯を咬みあわせたときに、上の前歯が下の歯を覆い、全く見えないようなケースです。放置すると顎関節症になる場合もあります。

矯正治療の流れ

1.相談
大まかな治療内容の説明をさせていただきます。(相談料1,000円)

次へ
2.検査・診断
治療するうえで必要なレントゲンや歯型、写真を撮ります。それをもとに治療計画を立て、詳しい治療方法や治療期間の目安、費用等を患者さんやご家族に説明し、合意をいただいたうえで治療をスタートします。

次へ
3.治療開始
必要な装置を用いて、実際の歯の移動を行っていきます。治療は第4日曜日のみ、月1回30分~60分程度です。通院1回ごとに調節料が必要となります。小児の成長期であれば観察料となります。

次へ
4.保定期間
矯正治療後、歯列の後戻りを防ぐ期間です。約3ヶ月に1度の通院で、通常1〜2年かかります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております