口腔外科出身の専門的な治療で難症例の抜歯や外傷にも対応します

口腔外科

口腔外科は、口腔内と口腔機能に関する臨床医学です。院長は、都立府中病院(現:多摩総合医療センター)口腔外科での勤務実績があり、親知らずの抜歯やでき物などの小手術、口もとのケガや歯槽骨骨折などの外傷など外科処置を得意としていますので、安心してお任せください。

当院で行える口腔外科治療
・親知らずの抜歯
・親知らずを利用した歯の移植(歯牙移植)
 (むし歯が進行して保存が難しくなった奥歯の代わりに、健康な親知らずを移植する治療方法)
・歯根端切除
 (根の治療が困難な場合、外科的に根の先端を切り取る治療法)
・開窓術
 (歯ぐきや骨の中に埋もれた状態の歯を引っ張り出すための手術)
・顎関節症の治療
・インプラント治療など専門性の高い治療
・全身的な病気(がん、リウマチ、糖尿病など全身疾患)をお持ちの方の歯科治療
・歯科小手術
 (歯肉や歯根の周囲に腫瘍ができるエプーリス(歯肉腫)や、のう胞などの処置)

【当院の特徴】難症例の親知らず治療も行っています

親知らず親知らずは最後に生えてくる一番奥の永久歯で、多くの場合10代後半から20代で生え始めます。しかし近年はあごが細く、親知らずの生えるスペースが不足している人が増える傾向にあり、生えても一部だけが出ている、横に傾いている、完全に埋まったままになっているなど、複雑な生え方の親知らずが増えています。

生え方によっては充分な歯磨きができないためむし歯になりやすく、また周りの歯や歯ぐきに悪影響を与えて炎症を起こしやすくなりますので、早めに抜歯などの治療を受けることがすすめられます。また年齢が若い時の方が抜歯後の骨の回復がスムーズであることからも、若いうちの抜歯をおすすめします。

親知らずが引き起こすトラブル

親知らずの隣の歯(7番)がむし歯になりやすい親知らず
正常に生えていないと、歯磨きが充分にできないため汚れが溜まりやすくなり、そのためむし歯や炎症を起こしやすく、その手前の歯にも影響が及びやすくなります。

歯並びが悪くなる
横向きに生えた場合は手前の歯を押す力が強いため、一番細い歯である前歯の並びが悪くなることがあります。

顎関節症などあごに影響が出る
上下の咬みあわせが悪くなると、顎の筋肉に負担がかかったり、顎関節症を起こすことがあります。

【抜歯がすすめられる場合】
・横向きに生えている
・埋伏して、他の歯の根に悪影響を与えている
・むし歯になっている
・炎症をくりかえしている
・痛みがひどい
・頬を噛んでしまう
・矯正治療を検討している

【親知らずを残した方がいい場合】
・正常に生えている
・完全に埋まっていて問題がない
・手前の歯を失い、親知らずを利用してブリッジを検討している
・親知らずを歯の移植に利用したい

親知らずの移植(歯牙移植)

重症のむし歯や、歯が割れるなどして歯を残せない、生まれつき歯がないといった場合に、親知らずやお口の中で機能してない歯(埋伏歯)を移植歯として埋め直す治療です。移植した歯は、他の歯と同じように機能することができます。この治療は保険適応ですので、お気軽にご相談ください。 

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております