医院ブログ

2023.12.14更新

こんにちは。
立川市のくどう歯科クリニックです。

 

今回は、インビザラインGoの概要やワイヤー矯正との違い、メリットについてご紹介します。
インビザラインという言葉を聞いたことはあっても具体的にはよく知らない…という方もいらっしゃるかもしれません。インビザラインとはマウスピース矯正の一種で、装置が目立ちにくいことから非常に人気になっています。

 

 

矯正治療の目的
近年は美意識の高まりもあり、歯並びにお悩みをもつ方も増えています。特に、現代人は顎の骨が小さくなってきているため、歯が顎の骨のスペースに収まらないということが起きるのです。歯並びや噛み合わせを改善するには、矯正治療が必要です。見た目の歯並びが良くなるだけでなく、噛み合わせからしっかりと改善することで本来の歯の機能を取り戻すことができます。

また、矯正治療は大人になってからでも遅くはありません。むしろ近年では成人の方の矯正治療のご希望がとても増えています。矯正治療の方法や装置の種類など、いくつかの選択肢の中から患者様に最も適した方法をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

 

 

矯正治療の方法
矯正治療は大きく分けて2種類あります。それぞれについて詳しくみていきましょう。

 

【ワイヤー矯正】
矯正治療と聞いてイメージする方が多いのは、この方法ではないでしょうか。ワイヤー矯正は、ブラケットとよばれる装置を歯の表面に直接貼り付け、そこにワイヤーを通して歯に力をかけていく治療方法です。歯の表側にブラケットをつける「表側矯正」だけでなく、歯の裏側にブラケットをつける「裏側矯正」もあります。
以前は金属製のブラケットが主流でしたが、近年では見た目が気になりにくいプラスチックやセラミック製のブラケット、白いコーティングが施されたワイヤーも流通しています。

 

【マウスピース矯正】
近年人気が高まっているのは、取り外しが可能で透明なマウスピースを装着することで歯並びや噛み合わせを整えていくマウスピース矯正です。日本でも様々なメーカーのマウスピース矯正がありますが、当院では世界的にも最もシェアの高いインビザライン(インビザラインGo)を採用しています。

 

インビザラインGoとは?
インビザラインは、治療範囲やマウスピースの枚数によって約4種類のパッケージに分かれています。当院で取り扱いがあるのは、その中でも前歯の治療に特化した「インビザラインGo」です。治療対象とする歯が奥歯を除く前歯の20本に限定されているため、他のパッケージに比べて短期間に低予算で矯正治療を進めることができます。

 

 

インビザラインとワイヤー矯正は何が違う?
インビザラインとは、アメリカで生まれた世界初のマウスピース矯正です。1997年にアライン・テクノロジー社により開発され、その後日本では2006年ごろから治療が進められるようになりました。世界でもトップシェアを誇り、のべ1300万人以上がインビザラインでの治療を受けています。

 

(1) 装置が目立ちにくい
インビザラインでは、厚さ約0.5mmの透明のマウスピースをつけていただきます。ワイヤー矯正のように歯の表面に金属の矯正装置やワイヤーをつけるということがなく、装置の見た目が目立ちにくいことが最大の特徴でありメリットともいえるでしょう。ただし、歯の表面に一切装置をつけないというわけではありません。治療計画によっては、歯の表面にアタッチメントとよばれる補助パーツを貼りつけることがあります。アタッチメントも極力目立ちにくいように歯に近い色で作製されるので、見た目に大きな影響は及ぼさないでしょう。

 

(2) 装置の取り外しができる
インビザラインのマウスピースは1日20時間以上装着する必要がありますが、食事や歯磨きの際には外すことができます。装置の取り外しができないワイヤー矯正では、装置に食べ物が挟まりやすい、装置が邪魔になって歯磨きがしにくいといったお悩みが生じることもありますが、インビザラインではそれらが解消されます。また、マウスピースもご自身で簡単に洗浄できるので、いつでも清潔にお使いいただけます。

 

(3) コンピューターでシミュレーションができる
インビザラインでは専用のソフトウェアを用いて、矯正治療での歯の動きや治療完了後の仕上がりのイメージをシミュレーションすることができます。治療前にこのシミュレーションをご確認いただくため、治療のゴールが明確化されます。

 

(4) 痛みが出にくい
インビザラインはワイヤー矯正よりも歯にかかる力が弱く、少しずつ歯を動かしていきます。そのためワイヤー矯正に比べると多少痛みは出にくいといわれています(痛みの感じ方には個人差があります)。全く痛みが出ない、ということではなく、初めてマウスピースをつけたときや、新しいマウスピースに交換したばかりのときなどは、痛みが強く出ることもあります。ただし、これらはマウスピースに慣れることで解消されることがほとんどです。

 

まとめ
今回は、インビザラインGoの概要、ワイヤー矯正との違い、メリットについてご紹介しました。ワイヤー矯正との違いもしっかり理解した上で、治療方法を検討するようにしましょう。ただし、全ての症例でインビザラインGoが適応できるとは限りません。どの矯正治療法がご自身に適しているかは、お口の中の状況やライフスタイルによっても変わってきます。

当院ではより専門的な矯正治療をご提供するために、矯正治療の専門医師が治療を担当しています。歯並びにお悩みのある方や矯正治療にご興味のある方は、まずはお気軽にご相談ください。ご予約はお電話から承っております。

 

 

 

ご予約・ご相談はお気軽に

歯周病、歯の色や形、歯並びのお悩みも、お気軽にご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 042-519-3787bottom_tel.png
  • 24時間受け付けております WEB予約はこちら